日本人にとって聖なるものとは何か: 神と自然の古代学

Front Cover
中央公論新社, Jan 25, 2015 - Japan - 241 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
一神教とは異なり、日本人にとって神は絶対的な存在ではない。山岳や森林をはじめ、あらゆる事物が今なお崇拝の対象となり得る。遠くさかのぼれば、『古事記』に登場する神々は、恋をするばかりか嫉妬もし、時に寂しがり、罪さえも犯す。独特の宗教観や自然観はどう形成され、現代にまで影響を及ぼしているか。「カムナビ」「ミモロ」などのキーワードを手がかりに記紀万葉の世界に分け入り、古代の人びとの心性に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information