ITが守る、ITを守る: 天災・人災と情報技術

Front Cover
NHK Shuppan, 2012 - Emergency communication systems - 238 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
東日本大震災とそれに伴う原発事故を機に顕在化したITの諸問題。かつてない非常時に、政府、企業、マスメディア、そしてソーシャルメディアなど、各情報システムはどう機能したのか。それぞれの脆弱性および柔軟性を技術面から検証する一方で、鴨長明や寺田寅彦など過去の震災を伝えた古典なども取り上げ、「情報」が有する情緒表現の重要性を説く。安心・安全な社会を築くために、今後のITのあるべき姿とは?情報工学者であり歌人でもある著者が、システムと人心の両側面から、その方向性を提言する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information