森林飽和: 国土の変貌を考える

Front Cover
NHK出版, 2012 - Environmental degradation - 254 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
緑の木々に覆われた山を歩きながら、私たちは、そこが五十年前にはげ山であった姿を想像できるだろうか?山の地肌が消え、土砂崩れが減り、川から砂がなくなる―これら二十世紀におきた変化は、日本史上初のものだった。変化は副作用をもたらす。サルやクマの人里への出没、海岸の道路を崩壊させる“砂浜流失”、そして花粉症。各地で起きる問題の根源に山地の変化があることを見抜き、土砂の流れを分析して私たちの誤った思いこみを次々と覆す。自然環境と災害について発想の転換を迫る提言の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information