戦後ドイツの学生運動とフランクフルト学派: 批判理論のフランクフルト学派への発展, Volume 2

Front Cover
御茶の水書房, 2009 - 206 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
アルチュセールのイデオロギー装置論、フーコーの言説分析、デリダの音声中心主義批判、などの現代思想の成果を踏まえて初期フランクフルト学派=批判理論、特にアドルノの物象化論を読み直すことで、合理的主体の形成過程に間主観的・物質的・歴史的な要因の関与をテーマ化する議論を展開する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information