図説騎士の世界

Front Cover
河出書房新社, 2012 - 116 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
ときに君主や神のために勇猛果敢な戦いをくり広げ、ときに風雅な趣味人として宮廷に華を添えた、中世ヨーロッパ社会の立役者―騎士。今もファンタジー世界で脈々と生き続けている彼らだが、その実態はあまり知られていない。騎士たちは何のために剣をとったのか、めざす道はどこにあったのか。騎士の誕生から没落まで、歴史のドラマを追いながら、その真の姿に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2012)

1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。著書に『動物裁判』『歴史としての身体』『イタリア・ルネサンス再考』『パスタでたどるイタリア史』など多数。

Bibliographic information