できそこないの男たち

Front Cover
光文社, 2008 - Genes - 285 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「生命の基本仕様」―それは女である。本来、すべての生物はまずメスとして発生する。メスは太くて強い縦糸であり、オスはそのメスの系譜を時々橋渡しし、細い横糸の役割を果たす“使い走り”に過ぎない―。分子生物学が明らかにした、男を男たらしめる「秘密の鍵」。SRY遺伝子の発見をめぐる、研究者たちの白熱したレースと駆け引きの息吹を伝えながら「女と男」の「本当の関係」に迫る、あざやかな考察。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information