誤認逮捕: 冤罪は、ここから始まる

Front Cover
幻冬舎, 2011 - 206 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
逮捕―その瞬間に、人は人格を否定され、社会的には市民としての権利を失う。にもかかわらず、一説には全国で1日1件は誤認逮捕があるという。ごく普通の一般市民が、なぜ「してもいない犯罪」の犯人にされてしまうのか。指紋の取り違え、目撃証言の過信、不十分な裏付け、悪意ある第三者の偽証など理由はさまざまだが、狭い取調室で理不尽かつ屈辱的な思いをするのは間違いない。窃盗、痴漢、薬物取締法違反から、ひき逃げ、放火、殺人まで誤認逮捕された実例を取り上げ、現代警察機関の問題点を指摘した一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information