視覚はよみがえる: 三次元のクオリア

Front Cover
筑摩書房, 2010 - 254 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
視覚は二~三歳を過ぎると正常に発達しないとされる。著者も幼時に斜視だったために二次元視力しかなかった。ところが、四八歳にして彼女は奇跡的に立体視力を得る。それは劇的な変化だった。世界が3Dで見えるというだけではない。音楽も思考も三次元で現れたのだ―。神経生物学者が自らの体験をもとに、脳の驚異的な能力、視覚と脳の真実に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information