都市行政学, Volume 2

Front Cover
中央経済社, Apr 20, 2008 - 454 pages
コモンズとは、共用資源を共同で管理する拠りどころとなる制度であり、ソーシャル・キャピタルとは、「信頼」という都市をつくり発展させる、社会関係資本とよばれる資源であり、ガバナンスとは、上からの統治ではなく、市民・NPOなどの多様な社会的アクターによる下からの統治である。コモンズ、ソーシャル・キャピタル、ガバナンスを座標軸として都市政策・都市行政のあり方を探求。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information