サンディ・ワイル回顧錄: , Volume 1

Front Cover
日本経済新聞出版社, 2007 - 343 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
ポーランド系ユダヤ移民の子としてブルックリンに生まれ、証券会社の事務員からディーラーへと転身。弱冠27歳で全財産3万ドルをなげうって証券会社カーター・バーリンド・ポトマ&ワイルを創業。偉大な会社を創るという内に秘めた壮大な夢へ堅実かつ大胆な方法で近づき、世間を驚かせた巨額M&Aの連続で世界最大の金融機関シティグループを創り上げた男、サンディ・ワイル。ルービン、バフェット、グリーンスパンらアメリカ経済を動かした人物が交差した波瀾万丈の人生とビジネスを語った初の自伝。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information