フランス現象学の現在

Front Cover
米虫正巳
法政大学出版局, 2016 - 331 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
フッサールとハイデガーを批判的に受け継いだフランスの哲学者たち―レヴィナス、サルトル、メルロ=ポンティ、リクール、アンリ、デリダほか―がおのおのの仕方で展開した現象学的探究の帰趨を見つめ、この越境する運動がいまなおもたらし続ける思考の可能性をひらく。D.フランク、F.‐D.セバーをはじめ、日仏の有力研究者が共同でおこなったプロジェクトの成果を示す本格論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information