明治国家の服制と華族

Front Cover
吉川弘文館, 2012 - Clothing and dress - 410 pages
維新後に導入された和装から洋装へという明治国家の新しい服制は、どのような過程を経て創設されたのか。また、近代天皇制を支えた「皇室の藩屏」たる華族たちは「四民の上に立つ」という役割をいかなる形で果たそうとしたのか。服制改革や麝香間祗候などに光を当て、服制の変化と華族階層における役割意識の違いを検討し、明治国家の本質を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information