漱石の書斎: 外国文学へのまなざし共鳴する孤独

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2017 - 290 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
漱石作品のなかには、謎の外国語、そして外国作品の引用句がちりばめられている。漱石はどのように外国語の本を読み、作品のなかに取り込んでいったのか。ピーコック、ブラウニング、シェンキェヴィチ、ウィリアム・シャープなど、遺された蔵書を手がかりにして作品を読み解いていくと、絶望的な“孤独”という、漱石の“現代性”が見えてくる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information