叢書「アナール1929-2010」: : 歴史の対象と方法

Front Cover
藤原書店, 2017 - History - 574 pages
「歴史学の危機」と、その後。「構造」「数量」「心性」という従来の歴史叙述の柱が再検討に附されたのち、歴史学はいかなる「批判的転回」を迎えたのか。表象、行為者、ミクロなどの対象に再注目した、R・シャルティエ、F・アルトーグ、M・オズーフ、J‐C・シュミットらの論文を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information