「センソウケイケン」ノセンゴシ: カタラレタタイケン/ショウゲン/キオク

Front Cover
岩波書店, Feb 23, 2010 - Reference - 308 pages
戦争とどう向き合い、受けとめるか―戦後、人々は直接的な体験の有無にかかわらず、戦争との距離をはかることによって自らのアイデンティティを確認し、主体を形成してきた。敗戦からの時間的経過にともない、また社会状況に応じても変容してゆく戦争についての語りの特徴の変遷をたどりながら、戦後日本社会の特質に迫る。

Bibliographic information