“男文化”よ、さらば: 植民地、戦争、原発を語る

Front Cover
「震災を機に社会のあり方が見直されるだろうと思ったのに、こだわっている人はおかしいという風になってきた」「なら私たちはおかしい人だね」。旧日本植民地に育った91歳・反骨の画家と、旧植民地の末裔である在日三世が、歩んだ道、不良品たる古今の“男文化”の罪悪、3・11以降の社会の空気について縦横に語り合う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information