素粒子はおもしろい

Front Cover
岩波書店, 2011 - Particles (Nuclear physics) - 208 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
物質を構成するもっとも小さい要素は何か?古代ギリシアの原子論にはじまり、近現代の科学的探究により、さまざまな素粒子像が描かれてきた。そして科学者たちはついに、究極の基本粒子をとらえた。素粒子像はこれまでにどんな変遷をしてきたのか、最新像はどんなものか、2008年ノーベル物理学賞の著者が自在に語る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information