グスタフ・マーラー: 現代音楽への道

Front Cover
岩波書店, 2010 - Language Arts & Disciplines - 274 pages
「やがて私の時代が来る」と自己の前衛性を確信していたグスタフ・マーラー。彼の交響曲は自由で柔軟、感傷的で情感的、また急激な大爆発を起こすなど、近代人の知性と矛盾をさらけ出している。著者はマーラーの作品の背後に非西欧世界にも及ぶ広大な音楽文化圏の存在を見いだし、現代音楽への道を切り開いていった彼の歩みを跡づける。岩波新書版を増補。

From inside the book

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information