いまさら翼といわれても

Front Cover
KADOKAWA, 2016 - Japanese fiction - 353 pages
神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘―折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)。奉太郎、える、里志、摩耶花―“古典部”4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information