准教授・高槻彰良の推察 2 怪異は狭間に宿る

Front Cover
KADOKAWA, 2019 - 288 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
怪異収集家の准教授・高槻彰良と、その助手で嘘を聞き分ける大学生・深町尚哉のもとに、「学校の怪談」の調査依頼が舞い込んできた!
どうやら、町の小学校で「コックリさんの呪い」なる噂があるらしい。児童たちは、コックリさんが教室のロッカーに棲み付いたと信じており、
PTAを巻き込んだ騒ぎになっているようだ。噂の真相を2人は見抜けるか......?――「学校には何かがいる」

大学は文化祭の季節。周囲が浮き立つなか、尚哉は自分の特異な能力のせいで、誰とも打ち解けられずに孤独を感じる。
ある日、ひどく熱を出し寝込んだ尚哉。回復し、文化祭に参加したところ、自分の耳に異変が起こっていることに気づき動揺する......。
そんなさなか、有名女優から、スタジオに現れた幽霊の調査依頼が舞い込んで!? 尚哉に起こった異変とは?――「スタジオの幽霊」

高槻と尚哉のもとに、あるサラリーマンの男性が相談にやってきた。聞けば、高齢の両親が、近所に住む少女を「まな様」と呼び崇めているのだという。
お守りとして両親が飾っている「まな様」の描いた絵は、どこか奇妙だった......。
高槻と尚哉、そして友人の警官・佐々倉は、調査のため奥多摩に出向く。そこで彼らが見た真実とは。――「奇跡の子供」

尚哉の耳に異変!? 高槻の過去が語られる!? 目が離せない驚きの第2巻!!!
読まない手はない! ハマる人続出。今、売れに売れています!

イラスト/鈴木次郎

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2019)

神奈川県横浜市出身、在住。2016年に『憧れの作家は人間じゃありませんでした』で第2回角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》を満場一致で受賞し、デビュー。同作はシリーズ化され1~3巻を数える。キャラクター文芸界注目の作家。

Bibliographic information