40: 翼ふたたび

Front Cover
人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。会社を辞めて、投げやりにプロデュース業を始めた喜一・40歳の元を訪れる、四十代の依頼人たち。凋落したIT企業社長、やりての銀行マン、引きこもり...。生きることの困難とその先にある希望を見つめて、著者が初めて同世代を描いた感動長編。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information