シンデレラ階段は知っている

Front Cover
講談社, 2021 - 400 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
彩が受験に失敗した女子校“双葉”から、転校生がやってきた。その父が謎の死を遂げたと知り、彩は調査を引き受けようとするが、転校生の目的はKZメンバーと付き合うことだった。一方、若武は、絶対に許せない大事件が起こったと、KZ会議を緊急招集。消えた車はいったいどこに?また現場に広がる白い粉の正体は!?無関係と思われた2つの事件が繋がる時、真実が見え始める!小学上級・中学から。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2021)

千葉県生まれ。大学では心理学を専攻。ゲームとまんがを愛する小説家。性格はポジティブで楽天的。趣味は、日本中の神社や寺の「御朱印集め」。オリジナル小説「生徒会マル秘レポート」シリーズが好評発売中。

長野県生まれ。西洋史への深い造詣と綿密な取材に基づく歴史小説で脚光をあびる。フランス政府観光局親善大使。著作に、『新・三銃士』『皇妃エリザベート』『シャネル』『アンジェリク緋色の旗』『ハプスブルクの宝剣』『王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて』『幕末銃姫伝』『i維新銃姫伝』など多数。青い鳥文庫ではKZのほかに「妖精チームG(ジェニ)」シリーズ、『マリー・アントワネット物語』『三銃士』も手がけている。

大阪府在住。京都の造形大学卒業後、フリーのイラストレーターとなる。おもな作品に『動物と話せる少女リリアーネ』シリーズの挿絵がある。

Bibliographic information