大原孫三郎: 善意と戦略の経営者

Front Cover
中央公論新社, 2012 - Executives - 284 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「わしの目には十年先が見える」「新事業は、十人のうち二~三人が賛成したときにはじめるべきだ、七~八人が賛成したときには、遅すぎる」―経営者と社会事業家の二足のわらじを履き続けた大原孫三郎。クラボウやクラレなど、多くの企業の創立・発展させるとともに、町づくりに貢献。三つの研究所を設立し、総合病院や美術館をつくった。社会改良の善意をいかにして行動に移していったか、その波瀾にみちた生涯を辿る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information