大隈重信

Front Cover
中央公論新社, 2019 - Statesmen - 509 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
政治家、言論人、早稲田大学初代総長など多面的な活動で知られる大隈重信。一八三八年、佐賀に生まれ、幕末に志士として活躍。明治維新後は、官僚として頭角を現し、木戸孝允、大久保利通、三条実美らの右腕として、参議兼大蔵卿などを務める。明治十四年の政変で失脚するも、立憲改進党を率い、藩閥政府と対峙。時流を機敏にとらえ、一八九八年には総理大臣に就任する。上巻では、若き日から念願の組閣までを描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information