「巨人」が築いたもの, Volume 2

Front Cover
中央公論新社, 2019 - Statesmen - 379 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
大隈内閣は内紛のため四ヵ月で瓦解。苦難の時期を迎えるも、日露戦争後に早稲田大学総長や文明論者として活動、全国を積極的に遊説した。一九一四年に二度目の組閣を迎え、第一次世界大戦という難局にあたり日本の舵を取る。時にポピュリズム的手法を用い、「大平民」政治家として広汎な支持を集めた。下巻は、一九二二年に没するまでの「巨人」の後半生と晩年を辿る。葬儀に「百万人」が駆けつけた大隈の魅力を描き切る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information