孤独のすすめ: 人生後半の生き方

Front Cover
中央公論新社, 2017 - Japanese essays - 181 pages
老いにさしかかるにつれ、「孤独」を恐れる人は少なくありません。体が思うように動かず、外出もままならない。訪ねてくる人もおらず、何もすることがなく、世の中から何となく取り残されてしまったようで、寂しく不安な日々。けれども、歳を重ねれば重ねるほど、人間は「孤独」だからこそ豊かに生きられると実感する気持ちがつよくなってくるのです。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information