刀剣: 歴史時代小説名作アンソロジー

Front Cover
末國善己
中央公論新社, Apr 25, 2016 - 347 pages
刀剣。それは古来、日本人の魂であった。美しく、妖しいその魅力は時に人を助け、また時にはその心を狂わせてきた―。持ち主を守る時にだけ斬れる刀をめぐる感動の時代ファンタジー「騒ぐ刀」(宮部みゆき)などを収録。八人の名手と八振の名刀が紡ぐ、至高の時代小説短編集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information