メノン: 徳(アレテー)について

Front Cover
光文社, 2012 - 286 pages
「徳は教えられるものでしょうか?」メノンの問いに対し、ソクラテスは「徳とは何か?」と切り返す。そして「徳」を定義する試みから知識と信念、学問の方法、魂、善をめぐって議論は進んでいく。西洋哲学の豊かな内容をかたちづくる重要な問いがここで生まれた、初期対話篇の傑作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information