新酒番船

Front Cover
光文社, 2020 - 308 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
海次は十八歳。丹波杜氏である父に倣い、灘の酒蔵・樽屋の蔵人見習となったが、海次の興味は酒造りより、新酒を江戸に運ぶ新酒番船の勇壮な競争にあった。番船に密かに乗り込む海次だったが、その胸にはもうすぐ兄と結婚してしまう幼なじみ、小雪の面影が過っていた―。海を、未知の世界を見たい。若い海次と、それを見守る小雪、ふたりが歩み出す冒険の物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information