フィボナッチ: 自然の中にかくれた数を見つけた人

Front Cover
さ・え・ら書房, 2010 - 40 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
1、1、2、3、5、8、13、21、...。この数のならびは、13世紀、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが世に広めた数列で、「フィボナッチ数列」と呼ばれています。この数列は、いったいどういう数のならびなのでしょう?この数列の数は、花びらの数や葉っぱの生えかた、植物のつるの”うずまき”などにあらわれます。それは偶然ではなく、数が自然に愛されている証でもありました。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information