砂の守り: 風烈廻り与力・青柳剣一郎

Front Cover
祥伝社, 2016 - Japanese fiction - 333 pages
鮮やかな斬り口だった。矢先稲荷脇で発見された死体を検死した青柳剣一郎は剣客による犯行と判断。三月前の刃傷事件と絡め、連続殺人を疑い探索を始める。浮上したのは同じ頃に一刀流仁村道場の師範代を辞め、姿を晦ました神村左近という男だった。一方、その道場の門弟高岡弥之助は事件当日、現場付近で左近を目撃、独自に追っていたが、第三の死体が発見され...。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information