かけはし: 慈しみの人・浅川巧

Front Cover
新日本出版社, 2020 - Art critics - 256 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
日本が朝鮮を植民地とした時代。白磁の器、木工の膳――朝鮮の人々が日常に使う道具の美しさに魅せられ、柳宗悦とともに「朝鮮民族美術館」設立に尽力した浅川巧。ソウル市内の巧の墓碑には「韓国人の心の中に生きた日本人、ここに眠る」と刻まれる。「時代の砂の一粒として生きた巧を未来につなぐ」(「解説」より)創作評伝。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information