茜色の橋: 剣客旗本奮闘記

Front Cover
実業之日本社, 2011 - 286 pages
十六夜の月の出る夜、神田川沿いの通りで、旗本の家臣二人が辻斬りにあい絶命した。非役の旗本・青井市之介が現場へ向うと、殺された家臣の右手は血に染まっていた。籠手を突く手練の剣の遣い手が下手人と見た市之介は、御徒目付の糸川俊太郎とともに事件の真相に迫る。やがて三人の武士に疑惑が持ち上がるが、市之介にも悪党どもの刃が...好評シリーズ待望の第二弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information