悲しみについて

Front Cover
人文書院, 2017 - Japanese fiction - 328 pages
1985年の春、その人は息子を失った。そして絶望の果てに、夢と記憶のあわいから、この「連作」を紡ぎはじめた。彼女は何を信じ、何に抗いつづけているのか。聞き届けられるべき、不滅の物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information