近代美学入門

Front Cover
筑摩書房, 2023 - Language Arts & Disciplines - 320 pages
「美は、美しいものにあるのか、感じるひとの心にあるのか」現代における美や芸術の”常識”はどう成立したのか、平易な言葉で解説。

About the author (2023)

井奥陽子(いおく・ようこ):日本学術振興会特別研究員。東京藝術大学美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。二松學舍大学、実践女子大学、大阪大学などの非常勤講師、東京藝術大学教育研究助手を経て現職。専門は美学・思想史、とくにドイツ啓蒙主義美学。著書に『バウムガルテンの美学――図像と認識の修辞学』(慶應義塾大学出版会、2020年)、共著に樋笠勝士編『フィクションの哲学――詩学的虚構論と複数世界論のキアスム』(月曜社、2022年)がある。

Bibliographic information