はじめて学ぶ生命倫理: 「いのち」は誰が決めるのか

Front Cover
筑摩書房, 2011 - Bioethics - 191 pages
医療が高度に発達した現在、自分の生命の決定権を持つのは、自分自身?医療者?家族?それとも法律?生命倫理学が積み重ねてきた、いのちの判断をめぐる「対話」に、あなたも参加してみませんか。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information