地球博物学大図鑑

Front Cover
デイヴィッドバーニー
東京書籍, 2012 - Natural history - 656 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
〔書籍の特徴〕
○ 米国スミソニアン国立自然史博物館開館100周年記念出版
○ 鉱物、岩石、化石から微生物、菌類、植物、動物に至る5154種を、6000点を超える写真・イラストと解説でこの一冊に収めており、地球の生物多様性を実感できる。
○ 近年進んでいる遺伝子(DNA)解析により、生物の分類体系は大きく変わってきている。それらを反映し解説した初の大図鑑。
○ 家族で...学校で...どなたにもお薦めできる美しい宝箱のような一冊。


この惑星に存在する生命の複雑多彩さを一冊の本に収めるなら・・・。『地球博物学大図鑑』こそ、その一冊に限りなく近い書物である。ページをめくるたびに現れるまばゆいばかりの種の数々。コレラ菌からシロナガスクジラ、アカカゴタケからジャイアントセコイア、ハチドリからダチョウまで、地球上の生命の豊かな多様性が比類ない形で見事に記録されている。

・生きている地球
巻頭の「生きている地球」の章では、生態系の基盤となる地球環境や、生命の誕生とその後の進化の様子など、地球の辿ってきた道筋と現状を紹介する。また、生物多様性を理解する上で鍵となる進化論や分類学について、わかりやすく解説する。章の最後には、本書のためにデザインされた[生命の樹](p.32-35)を掲載した。これは一種の系統樹である。地球上の生物がどのように多様化しながら進化してきたのか、また、どのような類縁関係にあるのかを、見てとることができるだろう。

・驚異的な多様性
本書の心髄は、息をのむほど鮮やかなフルカラーの写真が5900点以上も掲載されていることである。植物、動物、菌類、微生物に加え、岩石、鉱物、化石までを収録したこの大図鑑は、地球の自然のすばらしさを伝える比類のない書物となっている。

・見開きの特集ページでクローズアップ
特に見応えのある種をいくつかピックアップして見開きで特集している。さまざまな角度からの解説により、その生物の知られざる側面が明らかになる。

・分子系統学・分類学の成果
近年進んでいる遺伝子解析により、生物の分類体系は、原核生物をアーキアとバクテリアに分けるなど、大きく変わってきている。本書はそれらを反映した初の大図鑑といえる。

・地球の宝箱
『地球博物学大図鑑』は宝箱のような1冊で、希有にして美しい地球の多様性をまのあたりに見せてくれる。人類の活動が多様性を脅かしているいまこそ、自然保護を願う人をはじめとして、あらゆる人々に本書をお薦めしたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2012)

(顧問編集) デイヴィッド・バーニー David Burnie
英国生まれ。ブリストル大学で動物学を専攻。英国王立協会から優れた科学書に送られるAventis Prize受賞者。100冊を超える優れた自然科学書の編集・執筆をしてきている。 ロンドン動物学協会の。 近著に『動物生態大図鑑』東京書籍(2011年)がある。

(監修)スミソニアン協会 The Smithsonian Institution 

1846年設立のスミソニアン協会は、19の博物館とギャラリー、国立動物公園を有する世界最大級の博物館群および研究機関複合体である。所蔵されている文化工芸品、美術品、標本の総数は推定1億3700万点にのぼり、その大半の1億2600万点以上が国立自然史博物館に収められている。世界有数の研究拠点であるスミソニアン協会は、学校教育、公的活動に広く貢献し、芸術・科学・歴史の分野で奨学金制度も設けている。

Bibliographic information