彼と彼女の衝撃の瞬間

Front Cover
東京創元社, Aug 31, 2021 - Fiction - 461 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified

息を呑むどんでん返し!

記者と刑事の視点で語られる、

イギリスの小さな町で起きた奇妙な殺人。

だが両者の言い分は微妙に食い違う。

どちらかが嘘をついているのかーー。

ベストセラー作家による、

第一級のサスペンス。


ロンドンから車で2時間ほどの距離にある町・ブラックダウンの森で、女性の死体が発見された。爪にマニキュアで“偽善者”という言葉を書かれて……。故郷で起きたその事件の取材に向かったのは、ニュースキャスター職から外されたばかりのBBC記者のアナ。事件を捜査するのは、地元警察の警部ジャック。アナとジャックの視点で語られていく不可解な殺人事件。しかし、ふたりの言い分は微妙に食い違う。どちらかが嘘をついているのか? 予想外の展開とどんでん返しが待ち受ける、第一級のサスペンス!

解説=三橋曉

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2021)

BBCで15年間、記者やプロデューサーとして勤務したのち、2017年に『ときどき私は嘘をつく』でデビュー。同書は20以上の言語に翻訳され、ベストセラーとなった。現在はロンドン近郊のサリー州で夫と愛犬と暮らす。

東京外国語大学卒。英米文学翻訳家。訳書にブランドン『書店猫ハムレットの跳躍』、アレグザンダー『ビール職人の醸造と推理』、エルヴァとストレンジャーの共著『7200秒からの解放』、ブルーム『モリーズ・ゲーム』などがある。

Bibliographic information