失意ノ方: 居眠り磐音江戸双紙

Front Cover
双葉社, Dec 14, 2014 - 341 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
江戸城中を揺るがした佐野善左衛門の刀傷騒ぎのあと、尚武館から姿を消した松浦弥助は、自らが手にかけた薮之助の遺髪を懐に忍ばせ、伊賀泉下寺を目指していた。一方江戸では、坂崎磐音が月に一度の墓参のため忍ヶ岡の寒松院を訪れていた。その帰路、竹屋ノ渡し場に立った磐音は、向こう岸から近付く乗合船に思わぬ人物の姿を認め...。超人気書き下ろし長編時代小説第四十七弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information