「やまとごころ」とは何か: 日本文化の深層

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2010 - Japan - 222 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
日本の「宗教」は宗教の体をなしていない―従来から指摘されてきたこうした見解は、それが西洋的な概念で捉えられないというだけにすぎない。日本には、祖先の御霊信仰を基礎に、天皇信仰、自然信仰など、様々な要素で形作られる総合的な宗教観、すなわち伝統的な「やまとごころ」が確固として存在する。いまなお日本人の根本にあるこの精神の原初を求めて、古き時代の日本を振り返る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information