伊勢海老恋し: 料理人季蔵捕物控

Front Cover
角川春樹事務所, 2020 - 289 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
水無月の頃、日本橋は木原店の一膳飯屋「塩梅屋」では主の季蔵が金箔を散らした錦玉羹を作っていた。その菓子を“蛍想い”と名づけ、元許嫁の瑠璃に届けたが、その帰り途、季蔵は何者かに襲われる。その頃市中では、伊勢のおかげ参りの騙りをする輩が出現していた...。天下一品の伊勢参り御膳、羽州の旨い料理膳、そして名推理。市井の人々の生活を守るため季蔵は闘い続ける。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information