あきない世傳金と銀(十一) 風待ち篇

Front Cover
角川春樹事務所, 2021 - Japan - 312 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
湯上りの身拭いにすぎなかった「湯帷子」を、夕涼みや寛ぎ着としての「浴衣」に
──そんな思いから売り出した五鈴屋の藍染め浴衣地は、江戸中の支持を集めた。
店主の幸は「一時の流行りで終らせないためにはどうすべきか」を考え続ける。
折しも宝暦十年、辰の年。かねてよりの予言通り、江戸の街を災禍が襲う。
困難を極める状況の中で、「買うての幸い、売っての幸せ」を貫くため、幸のくだす決断とは何か。
大海に出るために、風を信じて帆を上げる五鈴屋の主従と仲間たちの奮闘を描く、シリーズ第十一弾!!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information